趣味が副業にもなるクラフトハンドメイドマイスター資格

「クラフトハンドメイドマイスター」資格とは?

 

「クラフトハンドメイドマイスター」は、毛糸を使用した編み物や装飾された小物、布染め、ブローチ製作など手芸品を製作したり、製作の指導ができる資格です。

 

すでに多くの方がこの資格を取得し、自宅で講師として、またインターネットで自分の作品を販売する際に役立てています。

 

特に最近では、インターネットでハンドメイド作品を販売して副業をする方が年々増えています。その際に資格があることをアピールすることで顧客は安心感を得ることができ、それは販売へとつなげることができます。

 

ハンドメイドを学びたい方はもちろん、すでにハンドメイドを趣味としている方にもおススメの資格となっています。

 

「クラフトハンドメイドマイスター」資格を取得するには?

「クラフトハンドメイドマイスター」資格は、日本デザインプランナー協会が認定している履歴書にも記入することができる民間資格です。年に6回、偶数月に試験を実施しています。

 

受験資格は特にないので、誰でも自由にインターネットから受験の申し込みをすることができます。受験料は税込み10,000円となっています。この資格には、手芸に関する専門的な知識やスキルが求められています。

 

受験方法は、自宅での在宅受験を採用しているので、外出することが難しい方や地方に住んでいる方でも気軽に申し込みをすることができます。

 

「涼設計アーキテクトラーニング」の「クラフトハンドメイドマイスターW資格講座」

3年連続”満足した通信講座1位”を獲得している涼設計アーキテクトラーニングでは、クラフトハンドメイドマイスター資格試験に有効な「クラフトハンドメイドマイスターW資格講座」を用意しています。

 

この講座1つを受講することで、クラフトハンドメイドマイスター資格と手芸アドバイザー資格の2つの資格を同時に取得することが可能となっています。

 

講座は初めての方でも問題ないカリキュラムを採用しており、学習テキストに沿ってさまざまなクラフト作品を、自分のペースで進めていくことができます。受講期間は最短2ヵ月、通常6ヵ月となっているので、わずか2ヵ月で資格取得も可能となっています。

 

これからクラフトハンドメイドをしたい方はもちろん、すでにクラフトハンドメイドを楽しんでいる方でも楽しみながら学び、資格を取得することができます。

 

この機会に講座受講を検討してみるのはどうでしょうか?

関連ページ

若い女性にも大人気「DIY工作アドバイザー」資格
Do It Yourselfの頭文字を取った”DIY”は、生活の中で必要なものや、あったら便利なものを自分自身で作ることです。少し前までは”日曜大工”という言葉が使われていましたが、最近では”DIT女子”という言葉が使われるほど、若い女性を中心にDIYをすることが当たり前のようになっています。
オーガニック志向の方に人気の「コールド・プロセスソープマイスターW資格取得講座」
「コールド・プロセスソープマイスター」は、手作り石鹸の基礎的な知識や道具の選び方、材料の選定、肌荒れや乾燥などの症状に応じたオイルの選び方などハンドメイドソープを製作する上で必要な知識やスキルを有している方に認定される資格です。
日本人なら取得したい和食エキスパート資格
世界でも注目されている和食は、繊細で優美な調理方法が特徴となっています。なので、和食を作ることができる女性は好印象を与えることができます。そこで女性や料理人を中心に日本安全食料料理協会が認定している「和食エキスパート」資格が注目されています。
今流行のミニ盆栽と苔玉を学びながら資格も取れる「盆栽クリエイターW資格取得講座」
一昔前までは、盆栽は中高年の間で行われていましたが、最近は若い人の間でもミニ盆栽がブームとなっています。しかし、盆栽は独学で学ぶことは難しいのが現実です。